最新鋭のワイヤ放電加工技術により高精度な表面粗さ,面粗さ(面粗度)を実現します

ISO9001:2015認証工場

お問い合わせはお電話で!

053-587-3512

平日8:00~17:00

メールのお問合せ

お問合せフォーム

お気軽にご連絡ください

部品形状を測定・解析 製作部品の精度向上を目指しています

非接触式3次元スキャナ ATOS Core を導入しました。
弊社で生産を行っている製品の複雑箇所の形状測定を行い検証。
品質向上を行う上では欠かせない、金型部品精度を解析し、製作部品精度向上を実施。
トータルコストを意識した製品品質向上を目指しています。

非接触式3次元スキャナ ATOS Core
部品形状を測定し、製作部品の精度向上
を実現して行きます。
ATOS Core

高精度なリバースエンジニアリングを再現

高度な3Dスキャンにより、古く図面のない金型部品だけではなく、加工設備に使用されている部品から非金属小物品まで幅広く対応します。
また測定機は小型で場所を取らず、持ち運び可能となっています。スペースがあればどこでも測定可能、その場でリバースエンジニアリングで再現することが出来ます。
将来的には、リバースエンジニアリングを業務として受託して行くことも検討しています。

場所を取らず高度な3Dスキャン 金型部品をスキャン・モデリング
ATOS Core ATOS Core
モデリングからリバースエンジニアリング モデリングからリバースエンジニアリング
ATOS Core ATOS Core

掲載画像提供:丸紅情報システムズ株式会社